Skip to main content

ニューズレター購読をご希望ですか?



聴こえについてもっと知ってみませんか?


難聴の対策は、難聴の種類と聴こえのレベルによって違います。
軽度から中等度の感音性難聴には補聴器、補聴器の効果が
十分に得られない重い難聴には人工内耳が有効です。

Cochlear

難聴は「感音性難聴」と「伝音性難聴」の二つに大きく分けられます。感音性難聴は耳の最も奥にある内耳から聴神経にかけての障害、伝音性難聴は音の入り口である外耳から鼓膜の内側の中耳にかけての音の伝わりの障害です(図1)。

聴こえをよくするための対策としては、補聴器の装用と埋め込み手術を伴う人工内耳(図2)があり、それぞれを聴力レベル(表1)に応じて選ぶことになります。補聴器は軽度から中等度の感音性難聴に、人工内耳は補聴器を使っても十分な効果が得られない高度感音性難聴に有効です。

人工内耳は内耳に代わって音を電気信号に変え、聴神経を直接刺激する医療機器です。手術は主要な大学病院などで行っています。
重い難聴でも人工内耳を早期に装用し、聴こえを使った療育を行うことにより、ことばの発達が促されるという国内外の研究もありますので、できるだけ早く専門の医療機関を受診されることおすすめします。

音が聴こえるしくみ

外耳道から入った音は鼓膜を振動させ、耳小骨(ツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨)から蝸牛に伝わる。蝸牛には有毛細胞と呼ばれる感覚細胞があり、これが音の振動を電気信号に変えて聴神経に伝え、さらにそれが脳へと伝わることで、音やことばとして認識される。

人工内耳の装用で音が聴こえるしくみは次の四段階からなる。 ①耳にかけたサウンドプロセッサが音を拾いデジタル信号に変換する、②デジタル信号に変換された音が送信コイルを通じてインプラントに送られる、③インプラントがデジタル信号に変換された音を電気信号に変換し、蝸牛に挿入された電極に送る、④インプラントの電極が蝸牛の聴神経を刺激。この刺激が脳に送られて、音として認識される。

人工内耳の聴こえのしくみ

人工内耳が、どのように「聴こえ」を脳に届けているかを音声付きアニメーションでご覧いただけます。

  1. 体外装置であるサウンドプロセッサのマイクロホンが音を拾い、拾った音をデジタル信号に変換します。
  2. デジタル信号は、送信コイルを通じて皮膚の下にあるインプラントに送られます。
  3. インプラントは、受信したデジタル信号を電気信号に変換し、蝸牛に挿入されている電極に送ります。
  4. インプラントの電極が蝸牛の聴神経を刺激し、この刺激が脳に送られて、音として認識されます。

難聴の程度分類

難聴の程度は、異なる周波数(Hz)における平均聴力レベル(dB)から算出される。平均聴力レベルが20dB未満は「正常」。
※Hzは音の高さ、dBは音の大きさ(音圧)。

軽度難聴:
  • 平均聴力レベル30~50dB未満
  • 小さな声や騒音下での聴き間違いや聴き取り困難を自覚する。補聴器が必要となることも。
  •  
    中等度難聴:
  • 平均聴力レベル50~70dB未満
  • 普通の大きさの声や会話の聴き間違いや聴き取り困難を自覚する。補聴器が有効。
  • 補聴器
    高度難聴:
  • 平均聴力レベル70~90dB未満
  • 非常に大きい声か、高出力の補聴器を用いないと会話が聴こえない。聴こえても聴き取りに限界がある。
  • 補聴器
    重度難聴:
  • 平均聴力レベル90dB以上
  • 補聴器を用いても聴き取れないことが多い。人工内耳の装用が考慮される。
  • 人工内耳

    早くから人工内耳を装用すると、ことばの発達が促される

    人工内耳を装用した子ども190人を対象にした日本の研究では、手術を受けた時期が早いほど単語の聴き取りの正確さを表す「語音弁別能(語音明瞭度)」が高く、さらに、2歳前に人工内耳を装用した子どもの群は、それ以降に装用した子どもの群よりも語彙力をみる検査と文法力をみる検査における成績が高かったと報告されています1。 2歳までに人工内耳を装用した子ども28人を対象にしたドイツの研究では、2~6歳時点での言語と文法の発達は同年齢の健聴の子どもと同等レベルだったと報告されています2
    【監修】虎の門病院聴覚センター前部長 赤坂虎の門クリニック耳鼻咽喉科科長 熊川孝三先生

    人工内耳啓発アドバイザーからのニューズレターを購読しませんか

    人工内耳を装用している方の体験談やお役立ち情報を、8回に分けてお届けいたします。ご登録後、毎週木曜日に配信いたします。

    *メールマガジンは、ci-advocator@cochlear.com より届きます。
    ご登録されるEメールアドレスにて ci-advocator@cochlear.com からのメールを受信可能な状態に設定してください。

    ニューズレターのリスト
    No.1 みんな、ひとりじゃない
    No.2 ボランティアの存在
    No.3 人工内耳装用児
    No.4 人工内耳とともに歩むアスリート
    No.5 病院リスト
    No.6 人工内耳の費用負担
    No.7 歌うような声で話しかける
    No.8 はじめに聴く声・聴かせる声

     

    *は必須入力項目です。